■創業のきっかけ(志・ストーリー)


私たち、
一般社団法人 
想理アテンダントサービスは、  
過去、PTSD・パニック障害・うつ病・
適応障がい・ ひきこもり・不登校・
社会不安障がい等、心の病を経験し、 
乗り越え、克服してきた3名の
カウンセリングコーチと 同志1名が、
同じ志のもと集結した社会的活動団体です。


心の病を患った際、私たち4人の同志が
出逢った、東京都大田区等、地域の方々からの
“寄り添い”があって、
乗り越えることができたこと、
また、このような経験を通じ、各関連分野の
資格取得後、従事して参りました、
社会福祉・学習関連の仕事、児童施設や
青少年・シニア関連施設等における、
数々のボランティア活動を通して、
現代の地域社会が抱える様々な課題に直面、
認識するとともに、かつての私たちと
同様な状況にある人々に向き合い、
これまで受けた数多く “寄り添い”を、
地域社会へ還元していきたいとの深い「志」
(「想い」と「理念」=「想理」)が、
4人の同志(共同創業者)の心の核に刻まれ、
2017年、地域共生コミュニティを
開設致しました。


また、長年、お互いに寄り添いあって、
心の病を克服した 私たち4人が「志」について、
各々、語り合った際、 同志全員が、
共感・共鳴し合い、揺るぎない絆を生み、
「自身の志として、自分の人生をかけ、
歩んでいく」との 深い信念が、
現在の活動に繋がっております。


皆さま、今後とも、私たちの志・活動を
末永く見守っていただくととともに、
ご指導・ご鞭撻のほど、賜りますよう、
何卒、宜しくお願い致します。


2017年7月17日
オーちゃんネット登録 大田区民活動団体
一般社団法人 想理アテンダントサービス
同志一同